サイトメニュー

女性に多い症状

看護師

プチうつは単なる気分の落ち込みと区別がつきにくく、病気であることに気づいていない人も少なくありません。不調が続いている場合は治療が必要となる場合もありますので、心療内科などの医療機関で診断してもらいましょう。

詳しく見る

誰にでもおこりうる症状

女性

プチうつの診断は、気力がなくなる・人に会いたくなくなるなどの初期症状から始まります。仕事や学校などでストレスを感じる分、趣味などをもって仕事や日常を忘れて打ち込めるもので本来の自分を取り戻すことが役に立ちます

詳しく見る

程度の差ではない

医者と看護師

うつ状態に1日中いるのではなく、1日の中で1時間くらいその症状が出る場合がプチうつです。症状が軽いということではないので、疑われる場合は早めに受診して医師の診断を受けることが大切です。治療には3年くらいかかるので早めの受診が肝心です。

詳しく見る

経費をチェックする

頭を抱える男性

プチうつに罹患をする人が増加をしています。オンラインで簡単な診断ができるチャートもあるので、もしかしたらと考えているのであれば、ちょっと調べてみるのも良いでしょう。その後、医療機関を受診するとよいです。

詳しく見る

自分も相手も許す事

医者

プチうつ病にならない為にも、自分の言いたいことややりたい事を行う事を許す事、ガチガチに自分の考えを固めない事が大切です。また、人の目を気にしすぎないような癖をつける事も大切です。どうしても辛くなったら、うつ病の診断を受けてみましょう。

詳しく見る

相談事には共感すること

医者と看護師

通院しやすい病院を選ぼう

強いショックや長期的な疲労を感じると気持ちが不安定となってしまい、うつ病と呼ばれる精神疾患を発症することがあります。特徴的な症状として意欲の低下が挙げられ、今までスムーズに行えていた家事や仕事を行うのが難しくなるといった変化が現れます。また、徐々に進行していくという特徴があり、初期のプチうつ状態はイライラしたり、疲労がなかなか回復しなかったりといった症状が出ることも多くなっています。そのため、これらの症状があると診断できた場合は無理をせずに休むことが重要と言えます。プチうつ状態になった人に対する注意として、相談話は慎重に聞くことが挙げられます。うつ病を発症する人の多くはまじめな性格の方が多く、不安や問題に対しても真剣に考えるようになっています。相談話をする時は自分で考えても答えが見つからなかった場合が多いため、安易な意見を述べることは控えるべきと言われています。そのため、相談事に対しては最初に共感するようにし、相手が安心して話せるようにしましょう。また、相談を受けた際に強い混乱状態などがあった場合、医師に診断してもらうことを進めることも必要と言えます。病院を選ぶ際に重視すべきポイントとして、診断をしっかりと行って十分なサポートをしてくれるかが挙げられます。うつ病の治療には抗うつ剤と呼ばれる特殊な薬が使用されており、症状の程度に応じて使い分けられています。プチうつ状態といった比較的症状が軽い時に強い作用のある薬を使用すると、十分な効果を得られないことがあります。そのため、正確な診断をして適切な薬を処方し、治療後のアフターケアも行ってくれるような病院を選ぶのが良いでしょう。病院を選ぶ際は、距離が近くて通院しやすいことにも気を付ける必要があります。通院に時間が掛かる病院を選んでしまうと、通院すること自体がストレスとなってしまい、プチうつ状態が治りにくくなってしまう恐れがあります。また、病院の受付時間が自身の都合と合わない場合、無理な時間に合わせるようになってしまうこともあります。楽な気持ちで治療を続けられることがうつ病治療の基本であるため、病院の立地場所や交通機関、受付時間も考慮して選ぶようにするのが重要と言えるでしょう。