サイトメニュー

誰にでもおこりうる症状

女性

心の病気です

急に食欲がなくなった、何かをいつも食べていないと気がすまない、痩せ始めた、太り始めたなどちょっとした体調の変化や気分の変化がうつ病の前兆によっておこっていることが多いです。今の時代は仕事でも学校でも、複雑になって解決が簡単にはいかず日常的にイライラして欲求やストレスを常にいだくようになってくる生活環境も多くなってきています。人は、誰でもプチうつ病になる可能性があると考えられます。ただ、同じ環境でも病気になる人とならない人がいます。その違いは、ストレスがうつの原因とされていますが、そのストレスの感じ方が人によって違ってきます。同じ気温の所にいても暑く感じる人と寒く感じる人がいるように、心の中も人によってかなり違ってきます。プチうつの診断としては、やる気がなくなったり、何をしても楽しく感じない、人に会いたくなくなったなどが感じられたりするとうつ病の黄色信号がともっていると考えられます。このような症状があった時は、早めに医師の診断をして処置が必要となってきます。プチうつは、ストレスを感じやすい性格の人がなりやすいと言われています。ストレスを感じやすい性格とそうでない人とのちがいは、なんでしょう。診断すると性格の違いがあげられるとおもいます。無趣味・小心・生真面目・潔癖・完全主義・責任感が強いなどがあげられます。逆の診断でいうとこれらと逆の性格の人は、プチうつ病になりにくいと考えられます。また、うつ病は、知能の高さと関係があると言われています。知能の高い人や学歴の高い人の数が多くてそうでない人よるもうつに落ちいる危険が高いと言われています。考えすぎるということが考えられます。色々、物事を知っているがゆえに考えてしまい、更に考えなくていい事までも考えてしまう傾向があります。なるべく、考えすぎず言い方が悪いですが、適度に物事を流すことも大切になってきます。無責任よりも責任感が強い方がもちろんいいですし信用度も高いですが、それが行き過ぎてしまうと完璧にしなくてはと追い詰められてしまうので適度な心の余裕がほしいものです。